行事 | EVENTSの最近のブログ記事

takuyo.jpgあけましておめでとうございます・・・ということですが,


実は沖縄では旧暦のお正月を祝う地域が結構あり,その旧暦の正月が2月10日でしたのでこの題名にさせていただきました.

皆様、大変ご無沙汰してしまいました、宜野座通信です。
本日は台風16号の接近を前に、宜野座村漢那ビーチにおいて、新艇「南風」(はいかじ)
の進水式が行われました。
途中の降雨等もあり、予定よりも少人数での進水式となりましたが、遠方からも駆けつけて頂いた皆様、大変ありがとうございました。これから「綾風」「南風」と2艇体制となったチーム綾風、大事にして行きたいです。P1050346.JPG

第一回環金武湾帆掛けサバニレースについてのご案内です。

本日、宜野座村との共催が正式に決定致しました。また、「宜野座村海祭り」からも全面的な協力が得られる事になり、半年以上かけて準備して来た本レースがやっと動き出しました。参加をご検討頂いていた皆様には、ご案内が大幅に遅れました事、改めてお詫びを申し上げます。

先週の日曜日豊崎で行われたマリンカップに参加してきました。
マリンカップは今年から始まったマリンスポーツの祭典で様々な種目で熱い闘いがあったようです。

2009-07-20.jpg

家族の冷たい視線を背中に感じつつ、週末にFinalCutを使ってサバニ帆漕レースの映像を編集した。


レースから約3週間が経過したこの日、琉球大学から今年のレースメンバーや未来のレースメンバー、彼らの研究室の先生や私の恩師でもある更にその先生、また同級生でもあるレースメンバー、そしてチーム総監督のご家族親戚を合わせて総勢30人近い参加人数を得て、暮れなずむ夕暮れの中で何とも言えず和やかな慰労会を開催して頂いたのだが、その席で編集した映像を上映するのに間に合わせる為である。


shapeimage_1.png

進水式の一通りの儀式を終えたサバニを、10数名の男達の手でスロープから降ろして行く。

その10数名の中には、この時を心待ちにしていた、前オーナ、チームメンバー、そして舟を再生してくれた順風のメンバーが含まれている。

滑るスロープに気を配りながらも、その一歩一歩が船齢50才を超えるかもしれないサバニを夢にまで見た海原へと再び誘う。ずっしりと重い船体を持つ私の中には、一方では御願が無事に終わった事への安堵感がじわりと広がり始めている。

shapeimage_1.png

チームのメンバーによる投票という民主的な方法で決めることになったサバニの船名は「綾風(あやかじ)」。

それぞれのメンバーを一陣の風に例えて、美しく紡がれて結集した織りなす風として力をあわせ、また沖縄は勿論のこと日本の様々な地域から集ったメンバーがサバニという文化を通じて心を通い合わせたいという思いで名付けられたもの。



復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち行事 | EVENTSカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは艤装 | FITTINGです。

次のカテゴリは道具 | TOOLSです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。