第12回・糸満市長杯帆掛サバニ走せー大会

| コメント(0) | トラックバック(0)

藤谷です。
久しぶりの更新です!今回は日曜日に行われたサバニレースについて書きたいと思います。

今回のレースは何と言っても・・・
楽しいレースでした!

今回、チーム綾風は綾風と南風の2艇が出場し、
南風は津輕キャプテンが、綾風は私が舵を取らせていただきました。


綾風メンバーは今年から綾風に入られた小浜さん、茜さん、
愛知からわざわざ来られた小池さん(隠せぬサバニ愛)
そして伊盛、藤谷の5名でレースに出ました。

DSCF3665.JPG

前回の環金武湾レースで津輕キャプテンに負けた私は、妥当津軽キャプテン!と心の中で意気込んでいました。
同じように、金武湾レースで負けていた小池さんも「負ける気がしねぇ~」と意気込んでおられました笑

初顔あわせのメンバーもいたわれわれ綾風の目標は何と言っても「沈せず、完漕!(+南風には負けない!)」

前日の練習では一度沈していたこともあり、沈をしないことが第一目標となっていました。


レースは教習所のスラロームのようにジグザグに走るコースで、不安でもありました。

DSCF3668.JPG

結果は、第一レース、完漕!ただし南風に負ける...
第二レース、完漕!ギリで新風には勝つが、南風に負ける...

く、くやしい!


しかも第二レースは南風、新風、綾風のタイム差は5秒あるかないかというものすごいデッドヒートでした。

敗因は、水漏れによる漕ぎ手不足、コース取りだったと思います(..)


レース後には津輕キャプテンより「10年早い!」の一言...


・・・クソ~っ!

今回は葉山よりタウティメンバーも参加されていてとても賑やかなレースになりました
DSCF3677.JPG


今回はマギー仲野さんとトムクルーズの乗る糸満マギーも完漕!

DSCF3651.JPG


打ち上げもとても盛り上がり、今年最後にふさわしいレースになりました!(^^)
(実行委員の皆様、ありがとうございました~!)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.helms.jp/mt-tb.cgi/1220

コメントする



復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、藤谷卓陽が2013年11月12日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「再び帆の作成」です。

次のブログ記事は「謹賀新年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。