レース終了!

| コメント(0) | トラックバック(0)

3週ぶりの更新になってしまいました.
藤谷です.

レースにつきましてはキャプテンのブログにありました通り,
少し残念な結果となってしまいましたが,
進歩もかなり見られたと思います.

IMGP2266.JPG

去年の成績から一つ落として25位.
古式では6位(昨年は7位)
タイムは4:54::44
去年が4:51:57
と約3分到着が遅くなってしましましたが,
今回の風の状況とお散歩(今回唯一,黒島を北に回った)をしたことを
考えると,チームとしては去年より格段に進歩していると思います.

(写真は黒島)
IMGP2277.JPG

去年と大きく違うところはやはり帆の大きさもですが,
人と帆をつなぐティエンナ(手綱)を調整したことが大きいと思います.
(詳しくは前回のキャプテンブログで)

今回の成績は来年に活かすべきであり,
「綾風でも入賞できる」と証明しなければならないと
私自身勝手に思っています.


また今回,
はるばる飛行機に乗り座間味入りした本土メンバーに関しましては,
レースで漕ぐ機会がなく,
沖縄メンバー全員で反省しています.


IMGP2225.JPG


そんな様々な考えも含めて
日曜日には練習・反省会(BBQ)
を行ってまいりました.

練習には本土より仲野さん(というよりむしろ本土へ出稼ぎ中?というぐらいの頻度で沖縄に来られてます.)
新風よりいそのさん
そしてカメラマンのMikeさん(サンタ)
が参加してくれました.


それぞれ違うチームで座間味レースに出ており,
いろいろな意見が聞けました.
また今回残念ながらレースには参加できなかった當眞さんも
超ーー!久しぶりに綾風に乗り
到着した時よりもいくらか若返っていました!
(サバニセラピー?若返り効果あり)

IMGP2472.JPG

台風通過後であったので
風はかなり強く10m前後あったと思うのですが,
予想以上に安定していました.

仲野さん・いそのさん・そして私もフー舵をしたのですが
みんな非常に安定してトリム出来ていたと思います.

特に仲野さんは,糸満でも
一番マギーという小さなサバニに乗っているので
綾風との違いについて教えてくれました.


そしてそのまま夜はBBQ!
メンバーの平田さんのおうちにみんなでお邪魔しました.

パソコンとデスクトップ,ホワイトボード,サバニ模型が
用意されており,キャプテンが詳しく解説してくれました.
IMGP2482.JPG


最近のサバニチームでのブームは
前回の津輕キャプテンのブログにアップされている
レースに搭載した防水ビデオカメラの動画で,
みんな愛美の掛け声に感心していました笑

IMGP2494.JPG

ただ本人はかなり恥ずかしいようです笑

反省会の感想にしましては,
なんやかんや楽しかったというところです笑


話が変わりますが
9月には私たち綾風が主催する
環金武湾レースを開催する予定ですので
そちらの方もよろしくお願いします.

以上
レースと反省会の報告でした
それでは~

IMGP2477.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.helms.jp/mt-tb.cgi/1212

コメントする



復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2013年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、藤谷卓陽が2013年7月17日 17:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セールのツイスト〜座間味レースの反省〜」です。

次のブログ記事は「第二回環金武湾帆掛けサバニレース関係者の皆様へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。