梅雨の合間の・・・

| コメント(4) | トラックバック(0)

はい!
藤谷です.
今週末の練習を報告させていただきたいと思います.

この土日,沖縄は梅雨明けかと思うくらいのいい天気でした.


せっかくなので土日の二日,練習をしてきました.


土曜日は社会人メンバーが参加できない状況でしたので,

学生メンバーを多く含むヤング綾風で海に出てきました.
IMG_0976.JPG


初漕ぎのメンバーが2名いましたので練習は軽めに行いました.
朝9時に集合のはずが・・・

が,海に出たのは10時過ぎ予定では3時間漕ぐ予定だったので少し時間が短くなってしまいました.


土曜日は基本的にまずサバニに慣れてもらうことが重要かな?と思いましたので,最初は帆を上げずに漕ぎ,慣れてきた段階で
帆を上げました.


練習が始まる前にキャプテンからの"沈"命令が出ていましたので途中で命令通り


ち~ん!


無事復帰することが出来ました.
そのまま13時頃に海から上がりました.

日曜日は社会人メンバ-+新風メンバーで海に出ました.

この日は綾風初の早朝練習.

集合時間はなんと‼‼‼‼‼


7時‼‼‼‼


IMG_0983.JPG

あまりパッとしない時間でスミマセン.


がやはり朝は気持ちがいい.

海鳥があちらこちらで海へダイブし魚をとっており,小魚を追う魚も(ガーラかな?)

釣りをしたい気持ちを抑えながら漕ぎに専念.

途中,新風メンバーいそのさんは糸満で練習があるとのことなので抜けられ,


3名で海に出ました.

この日は糸満で5艇もサバニが出ていたようで,写真を見ましたが
とてもきれいでした.

私たちも負けじとお昼過ぎまで漕ぎ練習を終えました.

そしてお昼はもはや恒例行事となった
未来ぎのざにて骨そば‼

IMG_0984.JPG


500円でおなかいっぱいです!


帰りにこれも恒例行事となった未来ぎのざフリーマーケットを見学.

いろいろなお宝が眠っていそうです・・・


見学中の津輕キャプテンがお買いもの.


津輕キャプテン「お箸が欲しいんですけれども・・・・」

フリマのおじさん「(ビニール袋いっぱいの大量の箸を差し出しながら)全部で400円!」


津輕キャプテン「そんなにいらないんです.1膳でいいんです!」


フリマのおじさん「(ビニール袋いっぱいの大量の箸を差し出しながら)じゃあ~...全部で100円‼‼」


津輕キャプテン「・・・・・・・・・・・・・」

結局大量の箸を100円でお買い上げ(笑)

421356_470926899660200_1537443625_n.jpg

(津輕キャプテンFacebookより転載)


そんな大量のお箸どうするんですか!と心の中で突っ込み,

土日の練習を終えました.


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.helms.jp/mt-tb.cgi/1207

コメント(4)

卓陽へ

面白い報告も大事ですが、私としては綾風の帆と舵を一人で担当した感想や、帰りのレグで何故あれ程までに風に対する高さを失ってしまったか等の疑問等、テクニカルなことにまで踏み込んだ考察を期待している部分もあります。

津輕

ちなみに箸は、既に20膳程の貰い手が見つかっています。
卓陽は要らないのですか?

コメントする



復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、藤谷卓陽が2013年6月 3日 10:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりに漕ぎました!」です。

次のブログ記事は「さっそくですが・・・反省」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。