あけましておめでとうございます!

| コメント(1) | トラックバック(0)

takuyo.jpgあけましておめでとうございます・・・ということですが,


実は沖縄では旧暦のお正月を祝う地域が結構あり,その旧暦の正月が2月10日でしたのでこの題名にさせていただきました.

私は本土出身なので,あまり旧暦については詳しくないのですが,津輕キャプテン曰く,「海の男は旧暦だ!」ということだそうで,私自身は「まぁそんなもんなのかなぁ~」という程度でしたが,季節の変わり目や潮についてばっちり分かってしまうそうなので驚きます.

そんなわけで(どんなわけか・・・)
今回は9日・10日(旧正月)にわたり我らが綾風の修理を行うという連絡があったので行ってまいりました.

全体の工程予定としては9日・10日にかけて前回のシリコンコーキング,防腐塗装をはがし,水漏れをしているところの穴埋めをし,油を塗るまで~くらいを予定していたみたいですが,

蓋を開けてみるとびっくり・・・・

腐っている・・・・・

fundxu.jpg水漏れ確認をしているといたるところに「ん・・・何だこれ・・・木がふやかしたお麩みたいに柔らかい・・・」
という箇所がいくつも・・・

これらは特に古いフンドゥの周りに集中しており,おそらく舟とフンドゥとの間に隙間があり,そこへ海水等が溜まってしまい,そのまま腐ってしまったそうです・・・

當眞さん曰く「毎回穴開けてて大変だなぁ~最後つぎはぎになっちゃうんじゃない~」

・・・確かに!

というわけで今年も修復作業が困難を極める雰囲気がぷんぷん漂っています・・・

・・・話はそれますが,

kanna.jpg綾風はこれまで宜野座村の惣慶という場所に置かれているのですが,今回の修理はその近くの宜野座村漢那ビーチ近く、"かんなタラソ沖縄"という施設で作業させていただけることになりました.

"かんなタラソ沖縄"はタラソテラピー(海洋療法)を目的としている施設だそうで館内は広く,清潔感あふれており,リラックスするにはもってこいのところなのですが,現在はその真下で作業させていただいています.(こんどサバニを漕いだ後に行ってみます)

まあ,とりあえず惣慶から漢那ビーチまでの短い距離を久々に漕いだのですが(私にとっては今年初漕ぎ)とても気持ちがよかったです!

正直,「気温15度あるかないかやし,絶対寒いやん~」
とか思っていたのですが,いざ海に出てみるとそんな気持ちはどこへやらで,惣慶-漢那では全然漕ぎ足りませんでした.

私自身現在大学院修士の1年生で,来年の3月で卒業してしまい,本土で就職する予定です(就職か・・・)

なのでおそらく今シーズンが終わるとしばらくはサバニに乗れないので,少しさみしい気持ちもしています・・・

せっかくの旧正月でしたので今年のサバニの目標をここで建てたいと思います.

今年の目標は,

"人生の思い出に残るサバニ"・・・ということにしたいと思います.

それではみなさま,今年もよろしくお願いします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.helms.jp/mt-tb.cgi/1204

コメント(1)

卓陽さん、更新ありがとうございます。
作業ご苦労様でした。思っていたより作業が出そうですね。
自分の感想としては、なるべく強度を保つ為に少しでも腐食箇所の取り除きの大きさを抑えたいなと思いました。
いい作業場与えて頂いたのでチーム皆さん、共に頑張っていきましょう!

コメントする



復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、藤谷卓陽が2013年2月11日 22:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「炬燵で夏の海を思う」です。

次のブログ記事は「補修 ~座間味レースにむけて~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。