台風一過:宜野座通信代筆

133940_143681325776387_346594711_o.jpg

津輕@那覇です。


20年に1度の台風と言われた今回のサンバでしたが、不幸中の幸い、針路が心持ち東にずれた為に、現時点では想定していたよりも被害は少なく済んだ模様です。
南風は事前に、結風を修理している私の職場の屋根付きの倉庫兼工場に退避したため不安はありませんでしたが、綾風は同じ場所で今回を含めて2度の台風に耐えた事になります。是非、次回の乗船時には労りの言葉をかけて下さい。

257492_143743419103511_2046453522_o.jpg

宜野座の當眞さんは、未だ電気が復旧しないためPCが使えないとの事、心配している皆さんに早く知らせたいとの事でしたので、私が代筆にて無事をお伝えしました。當眞さんのfacebookのフィードに流れている写真と同じものになりますが、念のために本メール・エントリーに添付させて頂きます。


以上、那覇経由の宜野座通信でした。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.helms.jp/mt-tb.cgi/1197

コメント(1)

當眞です。やっと今電気復旧しました。
津輕キャプテン、綾風無事の報告ありがとうございました。

宜野座でもあちこちに被害も出ている様ですが、不幸中の幸いで我々の綾風が無事だったことはとても安心しました。
ずっと風に耐えじっとしていましたので宜野座レースで暴れてもらいましょう!

県内メンバー皆さんは大丈夫でしたでしょうか。怪我等無い事を祈るばかりです。

コメントする



復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、津輕良介が2012年9月16日 18:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「宜野座通信(21)~祝!「南風」進水式」です。

次のブログ記事は「大から小へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。