漕ぎ指南

| コメント(8) | トラックバック(0)

先週の日曜日、糸満で練習をしてきました。

今回の練習はうみまるさん、源丸さん、綾風の合同練習を行いました。
又、初・練習参加の学生三人を加えての練習ともあり、普段一緒に漕がないチーム編成なので、
自分の力がどのくらいなのかを比較することもできました。

はじめは学生新メンバーの肩慣らしのために
綾風に乗り、漕ぎのみで糸満の漁港内を直線状に一往復。
次に帆を上げて軽く漁港内を漕ぎました。

合同練習の最初は、津輕さんと正剛、学生新メンバー2人は綾風に
次に吉貴先輩と自分と新メンバー1人はうみまるさんに乗せてもらいました。

うみまるに乗って感じたことは舟が軽いからといって漕ぐのが楽、というわけでは
ないのかな~ということです。

確かに追い風では綾風では出すのが難しいスピードで走りますが、
逆に向かい風では風、潮の負担がまともに漕ぎ手にかかり、
思ったように前に進めなかったです。(舟に慣れていないというのもあったかもしれません・・・)


そんな風に考えて漕いでいる最中、ジャイブでチンしてしまいました・・・

うみまるさんの歴史史上初!!ということだそうです...
気を取り直してのエミ丸でもチン...

沈をしていないのは乗りなれた綾風だけでした....(申し訳ないです...)

やはり乗りなれた舟が重いやら、水が漏れるやらと文句を言っていても
一番なんだということだと思います。


港に帰り綾風を待っていると沖のほうから猛スピードで走ってくる舟が...
緊張した顔の子羊たちの乗るうみまる...
なんと津輕さんがフーと舵を両方しながら帰ってきました!

今回は漕ぎ指南ということで源丸さんに教えていただきました。ありがとうございました。

以前東也さんに指南していただいた
漕ぐと同時に舟を前に蹴るという漕ぎ方でした。

ポイントは
1.エークを海に縦に突き刺す。
2.海にエークが入った瞬間に一番力を込める(インパクトが大事)
3.漕ぐというよりは、エークを支えに漕ぎ手が舟を前に押し出す。
4.力を入れるのは海にエークを突き刺す瞬間だけで残りはリラックス(長時間に備えて)
5.やはり体全体で漕ぐ

ということだそうです。
漕ぐイメージは海に突き刺すと同時に蹴る。
刺す(蹴る)・刺す(蹴る)・刺す(蹴る)・・・・・
の繰り返しです。
この瞬間に一番力を込めます。

これをクルー全員で合わせる(一番に後ろが合わせる)ことにより
舟がグンっグン!と前に進むということです。
実際に一人でお手本に漕いでもらうと舟がグンっグン!!と前に進むのが
はっきりと感じました。

今回は舟やメンバーをミックスしての合同練習で、
得るものがとても多かったと思います。

うみまるさん、源丸さん
ありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.helms.jp/mt-tb.cgi/1140

コメント(8)

卓陽へ

後ろへではなく、「舟を前に蹴る」であっているのですか?
すみませんがご教示下さい。

津輕

なるほど!良く解りました。
という気持ちになりました。ありがとう。

この前はありがとうございました。源丸福井です。
細かいポイントを追加。

①必ず水にエークの先が入ってからぐっと押し込んでください
※出来ていないときは、ゴボゴボとかドプンと音が出るので、
空中から落とし込んだのが分かります。

②押し込んでいる間にもゴボゴボ音がしたら、泡が入っている
ので、スカ漕ぎ状態です。強すぎか、角度が悪いか、①になっているかです。

③蹴る=船を前に蹴って送り出すイメージ

④エークを後ろに引くのは間違いです。まっすぐ海底に押し込んで、船が前に進むから自然とエークが自分の横に来るんですよ。

⑤これが一番大事かも・・・エークを持っている力の配分は上の手で90%押し込み引き上げをします。残り10%が下の手でエークの軌道をぶれさせないようにします。

これが全部出来れば漕ぎの技術の50%はクリアかな?
残り50%はここまでがしっかり出来てからですね。
楽しんで会得して下さい♪分かると楽しくなりますよ~

福井さん
ブログへのご訪問、有り難うございます。
また、至らぬ私達に貴重なご指導を頂きまして有り難うございます!
今週末はご多忙との事ですが、宜しければ他のメンバーの方に、ご迷惑でなければ是非合同練習にご参加下さいとお伝え頂ければと思います。
引き続き、宜しくお付き合いの程お願いを申し上げます。
津輕

今週の練習はどうでしたか?
私は3日間睡眠時間4時間弱で沖縄中
取材で走り回ってました^^

さすがに眠いっす^^

他のメンバーに声掛けする暇も無いまま
でした。すみません。

先週より練習はしやすかったのではないでしょうか。
また皆さんと練習できるのを楽しみにしています。

マリンカップは36名参加の連絡入っているのでしょうか?
金曜日に情報来ましたが・・・

hideさん、
今週の練習の模様をアップしましたので、是非ご高覧下さい。
糸満漁協からちゅらSUNビーチを往復する、実り多き練習会でした!次回は是非皆さんでご参加下さい。
綾風津輕

コメントする



復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、藤谷卓陽が2011年10月 4日 12:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「違い」です。

次のブログ記事は「小舟大船 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。