宜野座通信(4)~漕ぎ、休み、漕ぎ、漕ぎ

| コメント(5) | トラックバック(0)

先週(土)、本日(土)は漕ぎの練習日となりました。

本日は朝から天気が悪く、集合時間の9時に完全集合は無理
でしたが、午前中に1本練習することが出来ました。

雷注意が出ていたので帆は上げずに近場での漕ぎ練習です。

参加者は玉城、城間、喜納、藤谷、當眞の5人です。

配置は1番藤谷、2番城間、3番當眞、4番喜納、舵・玉城
で、途中から喜納が舵の練習でした。
多少波もありましたが、ピッチの確認等が出来て漢那沖まで
の往復でしたが、学生チームのチームワーク、それぞれの仕事
が安定していました。力強いですね。

午後は仕事の都合で當眞と平田が入れ替わり、練習します。
取り急ぎ、午前の練習報告でした~!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.helms.jp/mt-tb.cgi/1113

コメント(5)

練習のご報告、大変有り難うございます。

當眞さんの記事の場合は既にタイトルだけで面白いのですが、私の考え過ぎでしょうか?
また、午前中で既にこれだけの練習量ならば、午後はさぞかし密度の高い練習になった事だと思います。

ところで一番が吉貴でなく卓陽だったのは、少し厳しいペースメーカを期待しての事ですか?

引き続き午後(?)の部の様子を教えて下さいませ。

宜野座からの面白いタイトルをいつも期待しています!

ところで、今年の学生メンバーは例年に比べて練習量も多く、乗船時間も長い様に思います。また、各自が色々なポジションを精力的にこなしている事に関しても、大変心強い物があります。

今年あたり、城間学生部キャプテンの夢である「学生だけでの1レグ」は実現出来そうでしょうか?

そうか、人数が足りないか...。
根本的な問題を忘れていました。

コメントする



復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、當眞 修が2011年5月21日 12:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あほな事」です。

次のブログ記事は「宜野座通信(5)~台風一過 あか~ん!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。