雑感 | MISCELLANEOUSの最近のブログ記事

ayakaji2014.jpg

皆様、明けましてお目出度うございます。

穏やかな陽光と熱燗に微睡みながら、雲の一片もない晴天の年末年始を過ごさせて頂いています。
素晴らしい初日の出に恵まれた関東・沖縄各地の友人仲間から続々とアップされてくる美しい写真が、今年が益々良い一年になる事を確信させてくれる様です。
帆掛けサバニ仲間の皆様には、どうぞ本年も変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げる次第でございます。

綾風 津輕拝

環金武湾帆掛けサバニレースの結果考察

1位のエミ丸8、そして2位のうみまる(チーム名はうみ源風Special)の圧倒的な速さは、YSNによる補正の前後で全く変わる事はない。ただ、これら2艇では乗員数に違いがあり、224秒あった着順での時間差が、修正後には62秒に縮まってしまっているため、あと少しで順位の入れ替えの可能性もあった事になる。

特筆すべきは、アウトリガーとラダーを装備して多くの乗員で望んだ「あけみお」と古式の純礁ではないだろうか。着順で3位だったあけみおは修正順位で6位まで下がってしまい、7位の純礁が4位にまで順位を上げてくる事になる。

bouey.jpg

レーティングとは?

かつて私が所属していた三浦半島の剣崎ヨットクラブ。

そこでは今でも週末になると、メンバーが思い思いのディンギーを駆ってレースを繰り拡げている。

私の愛艇のレーザー、往年の名艇Y-15、トラピーズを艤装したシカーラ、普及型の入門艇シーホッパーやシーマーチン等のモノハル(単船)艇、そして近年ではマルチハル(双胴艇)のホビーキャットや、モス級といった超高速艇までのバラエティーに富んだ様々な舟によって、一つのコースで勝負を繰り広げるのだ。

漕ぎの発見

| コメント(0) | トラックバック(0)

コンニチ~ハ~
FUJITANIデス!

忌まわしい生憎の台風によって、実は昨年末より少しずつ企画を進めて来た、初の東海岸でのレースの開催は見送る事になってしまい、糸満でのマリンカップレースも中止になった事も関係して、不完全燃焼のまま今年のサバニシーズンが終わってしまいました。

SN3V0348.JPG

サバニは漕がない?

昨年の奥武島レースの前日練習の際に、乞うて練習を見に来て頂いた齢90才を超える地元奥武島の元海人のオジイ(中本市三郎氏:氏名が間違っているとご指摘を頂きました。謹んで訂正し、お詫びを申し上げます。)から、第一声で「サバニは漕がない」と注意された事を思い出す。舵を取っていた私を含めて、その時に乗艇していた乗員の多くが「えっ!?」と感じた筈だが、これは現在の帆掛けサバニレースの全てが「帆漕」レースなっているが故の、我々の帆掛けサバニに対する一種の誤解にも起因する事なのだろう。

糸満レース学生チームこんにちは.
藤谷です.

今回は5月27日に行われた糸満のサバニレースの反省について書かせていただきます.

今回,綾風に乗り込んだのはサバニ経験1カ月ほどのメンバー3人を含めた学生7人でした.

SN3V0106.JPG

出勤日だった日曜日。

初めて会う多くの人たちと、セミナーを中断して黙祷を捧げる。改めて、1年前のあの出来事の重大さと、そして今なお人々の心に残る傷の深さを感じた。

さて、そんな私は、朝からセミナーが行われた沖縄市産業交流センターのロビーに置かれた舟に心を奪われていた。

海想の森さんとじっくり話す機会を得た。話題はレース開催や運営の難しさ、新しく企画されている東海岸のレースのコース取り、弥帆の艤装と帆漕方法、近々進水式を迎える糸満の大城清さんの舟、各地に未だ残る現役のサバニの情報交換、そしてチームを超えた交流や新しい参入者へのサポートを行う窓口となる組織の是非など実に多岐に亘った。

作業.JPG

ハイサイ!みなさん
糸満特派員の宜野座通信番外編から、宜野座通が戻ってきました!(同じ私ですが)

キャプテンからもありました様に、約1ヶ月ぶりに綾風が宜野座に戻ってきました。
そして今日は普段ホームポートとしてお世話になっています惣慶船溜まりのクリーン作業にチームを代表して平田さんと参加してきました。

blog_20111026.jpg

今週末には今年最後の帆掛けサバニレースが、豊崎の美らSUNビーチで開催される。

先月末の南城市奥武島でのエキサイティングなレースが終わった後、地元の方のご厚意に甘えて1ヶ月にわたって糸満にサバニを置かせて頂き、そのおかげで「うみまる」「源丸」「エミ丸」「新風」「ずけらん丸」の皆さんと、極めて密度の濃い合同練習を行う事が叶った。レース終了後に綾風は、一ヶ月ぶりにホームポートである宜野座に戻る事になるが、何よりも心残りなのが、この合同練習月間が終わってしまうという事に他ならない。

皆さん、お久しぶりです。

台風で座間味レースが延期になり、一度燃え尽きた《あしたのジョー》になりかけた當眞です。
いつの間にか紹介写真が謎のサングラスマンから変わっていました。
ちょい恥ずかしいぜ!(そんな恥ずかしがる歳でもありませんが;)

何と仕事や行事が続き海に出られず、日焼けはしているものの半袖Tシャツ跡の仕事焼け・・・
海に行ってからブログも更新するぞーと思っていましたが、「このままでは忘れられてしまう」
との思いで、卓陽選手から報告のありました7/10の練習時の写真を載せます。

P1030162.JPG

P6180245.jpg

薄曇りで気温が上がりきらない梅雨空の下、小3の娘を伴って京急線とバスを乗り継ぎ、葉山の海に向った。普段私が通い慣れているのは三浦半島の反対側の海岸であり、相模湾の海に入るのはその昔、J-24のチームで練習をさせてもらっていた頃以来の、随分久しぶりの事だなぁ等ととりとめのない事を考えながら、約束のビーチに到着した。

少し前の私には、まさか関東圏で沖縄のサバニに乗れる機会が来る等とは、想像すら出来なかった。ネット上に掲載している私の駄文を見つけたチーム「タウティ」のメンバーが、年間に数回しか練習をすることができない私を気の毒に思い、座間味レース直前の大切な時期にもかかわらず私を誘ってくれたのが、今回のきっかけだった。

最近、當眞さんにばかり記事をお願いしておりますので、仕事ハイで眠れなくなった私から、一つ閑話休題を。

現在のチームメンバーの中でもこの事を知っているのは3名しかいませんが、実は今を去る事10年近く前の2002年の7月の事。その3名を含むとあるMLの中でこんなメールのやり取りがありました。

スレッドのタイトルは、ズバリそのまま「あほな事」です。

2010-02-14.jpg

先週、5mの一人乗りのサバニに乗船する機会があった。挨拶に訪れた糸満での事。



昨年はこれよりも一周り小さな全長4mのサバニにチャレンジし、帆を揚げる事はおろかまともに漕ぐ事さえままならなかった。先ず舟に乗込むだけで大量に浸水させ、ウェークを振り下ろそうとするだけで小刻みで激しいローリングに見舞われる。後に初めてシーカヤックに乗って気付いた事は、あの4mのサバニはカヌーの挙動に極めて近いという事だった。


2009-12-31.jpg

今年の後半、平均すると月に1回のペースで沖縄への出張を重ねた。

出張の主な目的は、地元のケーブルテレビ局との共同事業であり、且つ日本初の試みでもある視聴者や地域のスモールビジネス参加型の地域ポータルを立ち上げるというプロジェクトの準備である。

長年に亘って「Vojkru(ボイクル)」というブランドで、特にCATV局を代表とする地域メディア間でのコンテンツの交換や流通をテーマとして仕事をして来た当社にとって、沖縄の地元からの共同事業への誘いは正に渡りに船。10月からは1月のサービスインに向けた開発と平行してビジネススキームの開発や地域のコンテンツホルダとのミーティングが続いた。


2009-12-24.jpg

北東-南西方向に延びる沖縄本島の両側をそれぞれ西海岸と東海岸と呼ぶ。


地政学的なアプローチでなく、あくまでも産業の種類という観点で捉えた場合、西海岸は北谷から普天間、残波岬を挟んで恩納村のリゾートホテルが乱立する一帯を指す観光資源が開発された地域であり、一方で東海岸は与那原を起点に北に向かって中城村~うるま市、そして金武湾を経てヤンバルに続くどちらかと言えば観光やレジャーのための地域と言うよりも、むしろ石川のセメント工場群に代表される工業地帯というイメージで捉えられる事が多い。


2009-10-25.jpg

帆柱が短すぎたのか、或いは帆が大きすぎたのか...。座間味レースでは余りの無計画さにメンバーから嘲笑とひんしゅくを買う事になった綾風の帆を一部裁断し、調整をし直す。


生憎な事に近づく台風によって来月に延期となった糸満での帆掛けサバニ走せー大会に向け、予定を立てていた社会人・学生メンバーの合計8人で雨を避けてとまりんのウッドデッキで作業をさせて貰う。


2009-09-18.jpg


沖縄への出張の合間に、海に行ってみた。打合せを控えた私たちは、もちろん海に入る事は無いが、晴天に恵まれた砂浜には未だ夏の気配が色濃く残っている。

ふと目を向ければ、200m程離れた砂浜に、幼稚園か小学校の低学年らしき子供たちの集団がいる。9月も後半に差し掛かったこの時期に海で何をするのだろうかと暫く眺めた。


まず、引率の先生らしき大人が2名、海にじゃぶじゃぶと入って行く。それに続いて、子供たちが一斉に海に飛び込んで行く。集団の目的を深読みしてあれこれ想像しては見たものの、何の事は無いただの海水浴だった訳であるが、まだまだ眩しい程の陽の光をたたえた静かな9月の海で、こんな日常の過ごし方が出来る環境を少し羨ましく思った。



トップ写真:秋の海に佇む仕事のパートナー企業の社長。


2009-08-03.jpg

Yahoo!Japanのトップページに掲載された、日本のマリンレジャー人口の減少を憂いた記事を斜め読みしている最中に、登録してあるメールマガジンから日本列島知恵プロジェクトというものが始まったとのニュースを受け取った。




2009-07-21.jpg

航空券の関係で予定より一日早く沖縄入りする事になった19日を除いて、23日の帰京までのほぼ全ての日程が(特に夜が)予定で埋まってしまった今回の訪沖。昨日の楽しいチーム総監督の自宅でのサバニ帆漕レース慰労会と銘打ったガーデンバーベキューパーティに引続き、今日は綾風の元オーナの地元にお邪魔してのレースの報告会。


2009-07-20.jpg

家族の冷たい視線を背中に感じつつ、週末にFinalCutを使ってサバニ帆漕レースの映像を編集した。


レースから約3週間が経過したこの日、琉球大学から今年のレースメンバーや未来のレースメンバー、彼らの研究室の先生や私の恩師でもある更にその先生、また同級生でもあるレースメンバー、そしてチーム総監督のご家族親戚を合わせて総勢30人近い参加人数を得て、暮れなずむ夕暮れの中で何とも言えず和やかな慰労会を開催して頂いたのだが、その席で編集した映像を上映するのに間に合わせる為である。


2009-07-16.jpg

もっと肩の力を抜いて気軽な気持ちで臨んでも良さそうな物だが、今年で3回目になるサバニ帆漕レースを終えて2週間と少し。まるで一夏分のエネルギーを凝縮されたあの時間の中で全て使い果たしてしまったかの様な感もある。


2009-07-13.jpg

滅多に見る事が無いテレビのバラエティ番組に見入る。その「The!鉄腕!Dash!!」で取り上げられたテーマは何とサバニ帆漕レース。人気タレント率いる高校生チームによる、今年の私たち同様に古いサバニを復元しての参加と言う事で、そのサバニ修復~艤装方法を含めて楽しめた。


2009-07-01.jpg

座間味からの海を、乗員の安全を守りながらともに渡ってくれたライフジャケットに感謝を込めつつ水洗いする。これはサバニやレースに興味を示して、進水式からレースまでの行事に応援に駆けつけてくれた可愛い大学の後輩からの寄贈品。船名を白く標した赤いライフジャケットは、もう一つのユニフォームの様にチームに団結をももたらしてくれた宝物である。


2009-06-25.jpg

これ程までに天気予報を気にした経験が無い。

遠足を控えた子供の頃に、てるてる坊主の吊るし方によって天気に悪影響を及ぼす可能性があると友達と議論した事や、自宅の神棚に柏手を打って好天を祈った経験はあってもだ。


2009-06-15.jpg

サバニ帆漕レースまで後10日余り。沖縄からはこれまでの空梅雨を埋め合わせるかの様な豪雨や土砂崩れ、そして雷の合間をぬっての綾風の最終調整の連絡が相次ぐ。

一方で、チームメンバーの配分を考えている私と副キャプテンの頭の中では、甚だ無謀かもしれないが今年のレースではアウトリガーを装着せずに出場する方向で方針が固まりつつある。

2009-01-20.jpg

多忙な年末から正月休みの間に弛んだ体を元通りにすべく、先週から水泳を再開。

毎度のこの年末年始の不摂生を、近所の公営プール「リネツ金沢」の1/3までの正月休みと、何故かそれに引き続く11日までの施設点検による長期休館に責任転嫁しつつも、今日で今年5回目を数えるプール通いで少しずつ距離も伸ばし、苦手なバタフライの回数も増やしてみる。

2008-08-13.jpg

いきなりの過激なタイトルではありますが、私にとって海辺の一番危険な場所の一つを上げるとすれば、それは離岸流(リップカレント)が流れる海岸線でなく、大きな波が打ち寄せる岩場でもなく、実は穏やかな漁港内のスロープが真っ先に頭に浮かびます。


2007-06-17.jpg

沖縄県の座間味島は現在強い雨(6月14日夜現在)。

しかし週間天気予報を見ると、レースの開催日に向かって徐々にではありますが確実に降水確率が低くなって行っています。今の風は南から西、6~8mとレースの時に是非吹いていて欲しい絶好の風。24日の本番当日が良い天気に恵まれる様に祈るばかりです。

開催まで後一週間と迫ったこのレースですが、八重山の人たちとのすれ違いでやきもきしたり、昨年のレース艇「うなぢゅら」が使えないかもしれないという危機を何とか乗り越えてのエントリー、昨年とメンバーは随分変わってしまいましたが、今年も参加出来ると言う事に大変感慨深いものがあります。後はまさに人事を尽くして天命を待つ、と言う心境の私なのですが、他のメンバーはと言うと.....。


2007-04-22.jpg

神奈川県三浦の船大工さんに頼んでいた舵エークが完成したとの事で、ドライブを兼ねて久しぶりの海まで引き取りに行ってきました。

今回は、石垣島の現役漁師でもあり、夏場の一時期には観光客に現代のサバニでの漁を体験してもらうショートクルーズを行なったり、資源渇沽を食い止める為に様々な活動をされている昨年のサバニ帆漕レースのキャプテンからお借りして来た舵エークを、昨年もお世話になった大工さんに忠実にコピーしてもらったものです。


2007-01-20.jpg

ああ、サバニの練習に行きたい。勿論、場所は石垣島。

但し、個人的にも会社にもそんな余裕が無い私たちは、せっせと仕事での出張や買い物で貯めたマイルによる格安サービスを利用せざるを得ません。

そこでサービスが利用出来る航空会社の予約状況をインターネットで確認する事になります。

ところが、このサービスに異変(?)が起きているのです。

実はもう何ヶ月も前からこのサービスが受けられない状態になっています。




復興の大漁旗

手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。

リンクのお持ち帰りを歓迎致します。

<p style="font-weight:bold;font-size:14px;margin-top:7px;">復興の大漁旗</p><a href="http://www.tairyobata.jp/"><img src="http://www.tairyobata.jp/resources/public/flag_nevergiveup_j_s.jpg" style="border:1pxsolid#ccc;"></a><p style="font-weight:normal;font-size:11px;margin-bottom:8px;">手染めにこだわり続けて150年。大漁旗・命名旗のご用命は宮城県気仙沼市・菊田染工場まで。</p>

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログについて

このブログは、沖縄の伝統帆漕漁船「帆掛けサバニ」の機能美や性能に魅せられた私たちの日常の取り組みを、記録として残している物です。
知識も経験も十分でない駆け出しの私たちが情報発信をする等という事は恐れ多くて出来ませんが、木造舟で独特なセーリングプランを持つ帆掛けサバニの保守や、操船等に関する疑問、解決手段等の私たちなりの見解も、この場で発表出来ればと思っています。
もしもこのブログを介して、既存のレースチームはもちろんの事、帆掛けサバニに興味を持つ人達の間でも情報交換やディスカッションが出来たとしたら、これに勝る喜びはありません。

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち雑感 | MISCELLANEOUSカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは道具 | TOOLSです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。